2018年2月 7日 (水)

家をたたむ

親の暮らしていた家を、二人がいなくなって、結局手放すことになりました。

そして約1年ぶりに、更地になっている土地にきちんとご挨拶に行きました。

茅ケ崎の駅からバスで10分、萩園中学校前で降りて、まずは地元の神様の「三島神社」さんにご挨拶。P1210980s
P1210979s

ここは、三島大神とも呼ばれ、鎌倉時代初期に源頼朝が伊豆の三島大社を分岐したともいわれる由緒あるお宮です。

毎年7月の海の日の、茅ケ崎西浜海岸で行われる浜降祭にも神輿がさんかして、地域は賑わいます。

ここから歩いて約3分、家のあった場所に到着。

今は更地になっています。結構広いですね。173.3㎡、間口約11m、奥行き約13.5mP1210981s「売地」の看板を出してもらうことにしようと考えています。

更地の地面から「雪の下」や「水仙」などが春に向かって芽を覚ましていました。

茅ケ崎まで来たので、駅近くの熊沢酒造の蔵レストラン「MOKICHI」でランチ。昼間だから飲めないのが残念!湘南ビールに天青のしぼりたて!

ランチの写真、お店の写真は、今度また。!(^^)!

2018年1月15日 (月)

世田谷まちなか観光「代官様の小江戸散歩」

今日1月15日、明日16日は「世田谷ボロ市」です。今回は5年に一度の代官行列が行われます。

そしてその、代官様おひざ元のまち歩きツアーが、2月4日日曜日に開催されます。

20180113_0001


20180113

2018年1月 4日 (木)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

2018s
ご挨拶が遅れましたが、改めまして、

今年もよろしくお願いいたします。

なんとも12月半ばから調子の悪かったPC君、ついに年末に動きがスローダウンし、お正月はじめに停まってしまいました。うちの連れ合いが、補助ノート機に必要なものを移行作業をまるまる3日間かけて調整してくれ、ようやく一通りの作業ができるようになりました。

年の初めにこうしたことが起きてくると、この先はいいことへと登っていくだろうと楽しみな思いでいます。

あせらず穏やかに、仕事と研究ができる年にしていきたいと、考えた正月でした。!(^^)!

2017年12月29日 (金)

下北沢駅前食品市場

あっという間にあと三日で今年も終わってしまいます。

去年までは下北沢の市場の「貝や」さんで20113
正月用にいろいろ、いつもお願いしていましたが、下北沢の小田急線地下化に伴う街の大きな駅前再開発によって市場はこの9月に姿を消してしまいました。

12月25日月曜日の読売新聞朝刊都民版に「下北沢駅前食品市場」のコラムが載っています。いつも通っていた貝やさんの「ナガヌマ」さんのお母さんの話、それからしもきた商店街理事の長沼さんの話。

そして私もなぜか市場の思い出を語っています。電話をもらって、読売の記者さんと市場の話、インタビュー2時間強。きれいな文章にまとめていただきました。2017122523293s

顔写真はいらないから、市場のスケッチを載せてほしい。とお願いしたのですが、前例がありません。ということで、いやはやおばばの顔写真が掲載されています。

Ccf20160618_00001
では、良いお年を!

2017年12月11日 (月)

くるりしもきたざわ教会めぐり J-COM取材が入ったよ

12月9日日曜日の下北沢の教会歩き。20171104s_0003
世田谷区産業振興公社観光課・世田谷まちなか観光交流協会主催

今年1月の観光メッセ「まち歩きコースコンテスト」大賞をいただいたコースですので、今回のまち歩きの企画・案内チラシ・当日配布資料の制作・当日案内をさせていただきました。

Photo

11月の15日の広報に募集案内が掲載され、募集人員20名のところ、なんと1週間で45名以上のご応募をいただいたそうです。

そこで急きょ25名までご参加いただき、後日この下北沢教会めぐりの2回目を計画することになりそうです。

当日の写真と、配布資料画像は後ほど追加でアップしますが、

この街歩き、J-COMさんの取材が入りましたので、まずは取り急ぎその放送日のご案内。

12月12日午後7時のニュースで流れるようです。

天気にも恵まれ、きっと楽しそうな映像だと思います。!(^^)!

2017年12月 6日 (水)

せたがやまちなか研究会

2017年12月17日(日)13:00~18:00

世田谷区の成城大学にて「せたがやまちなか研究会」が行われます。

これは、世田谷区内にある(区内には12の大学があるらしい)大学の、8つのまちづくり系ゼミの紹介と報告。

そして保坂世田谷区長の講演、

保坂区長、商店街連合会会長桑島氏、下北沢と成城学園の商店街の理事長、その他地域町に関係する方々のパネルディスカッションが開催されます。20171205_0001s

20171205s

学生さんたちが自分たちの暮らすまちに関わって、各大学の視点からまた新たに街を発見していく、なんだか楽しそうですね。

入場無料です。是非のお運びを!(^^)!

2017年11月18日 (土)

かりん

お隣のおばあちゃまから(って、私の一回り上、だけなんですけどね!(^^)!)お庭の「かりん」をいただきました。

「かりん」は固いので、どうやって使うの?と聞かれましたので

スケッチで「かりんエキスジャム」の作り方をお知らせいたしました。20171114昨年も二つくらい手に入ったので作りましたが、確かに咳止めの秘薬みたいです(笑)

冬にこの、「かりん」 それから「梨」があれば「梨」。冷蔵庫で大事においています。

ふだんは「はちみつ」を食しませんがこの「かりん」をお湯で溶かしたときには少しだけ垂らして、うふふ、冬時間を楽しみます。

2017年10月15日 (日)

世田谷のワークショップ

世田谷区都市デザイン課からワークショップのお知らせが届きます。

世田谷の都市デザイン課は、まちづくりのいろいろ、おもしろいこと、新しいこと、地域のこと、ずっと昔から全国に先駆けているのだと思います。

世田谷UDスタイルワークショップ、今回は「暮らしの中のUD MOVIE」誰もが楽しめる場をつくる、というコンセプトでのムービーづくり。20171015_0004s_2


うままちワークショップは、2020年オリンピックの馬術競技会場、馬事公苑界わいのサイン整備、サイン計画について。20171015_0001s

風景づくりでは、世田谷の凸凹地形歩き、等々力から九品仏を歩くそうです。20171015s

2017年8月13日 (日)

「うままちあるき」

2017年8月11日、「うままちあるき」(世田谷区都市デザイン課)のワークショップに参加。

~東京2020オリンピック・パラリンピックへ向けて~

馬事公苑までの道すがら、どんなみちしるべがあるといいのかな?住む人や訪れる人の記憶に残るサイン整備を皆さんと歩きながら考えていく企画です。馬事公苑を目指し、5つのコースに分かれて歩きます。Ccf20170813_0002

コースは、小田急線経堂駅・千歳船橋駅、東急世田谷線上町駅、東急田園都市線桜新町駅・用賀駅からの5コースです。Ccf20170813s_0003

私は桜新町からのコースに参加。

午前9時に桜丘中学校に集合、レクチャーがあり、各コースの出発駅へ車で移動。

9:40過ぎから歩きました。

桜新町コースは、初めの設定は「旧246?」旧の玉川通りを進んで馬事公苑の東側のアクセス通りを北上するもの。歩道が付いた道です。

たぶん無難な道。ということで宅地内に入っていきます。

桜新町の駅は駅前から南側にサザエさん通りが商店街として賑わっています。P1190421s


駅前にはサザエさん一家の銅像モニュメント、桜の並ぶ駅前ベンチが続きます。P1190430s

ここは、和菓子屋さん、バームクーヘンやさん、カフェなども道路に面していますので、路面カフェ、小さなお茶スポットができるとおしゃれな感じになりますね。2043s





まず、世田谷区で一番最初にできたという「世田谷新町公園」に行きます。この周辺はかなり大きな自転車置き場、そして放置自転車集積所があり、その一角には区の時間貸し自転車ステーション「がやりん」があります。が、「がやりん」全然目立たない!

せっかくですから、世田谷区内をサイクリングで巡ってもらえる、もっと活用したくなるステーションにしてもらいたいですね。

この宅地内は実は準工業エリア、町工場の集積エリアなのだそうです。

工場が立て替えてマンションになったりするときには足元にはかなりの緑が残されています。

この「ものづくり」資源を活かした「クラフトマイスターエリア」として特徴を出すのも素敵だね。という提案。ものづくりの現場見学、体験!

そして緑の道をたどって馬事公苑へ。
弦巻5丁目交差点周辺、すべてただいま工事中!結構ランニングの人が狭い歩道を走っているので、振り上げた腕がぶつかって、「痛い!」危ないよ。

この道は電柱地中化計画ということです。馬事公苑側にセットバックして、ゆるい歩道空間を作って、バス停の周りなんかは、みるく(コーヒー)スタンドとインフォーメーションのボックス型のキオスクみたいなのがあったりして。

042s


桜新町からの一連の道は、ちょっとドイツっぽいおしゃれなルートになると思えたまち歩き。

参加者には馬事公苑の馬が付けてた蹄鉄と、「Equestrian in SETAGAYA]のピンバッジがおみやげでした。P1190580s


P1190580b

2017年8月 4日 (金)

まちバル「桜新町のまちバルに行ってきた」

8月3日、桜新町商店街、第1回めのまちバル。

せたがや商連の元専務理事、現相談役の渡邉憲四郎氏と田園都市線桜新町駅で5:30に待ち合わせ。Ccf20170804_2

まちバルは、前売り券3500円当日券4000円、5軒の店でお店提供のおつまみ+飲み物1杯


をいただくことができます。

きのうの5店めぐりのスケッチからS

参加店の前には、サザエさんの顔が印刷されたピンクの風船がくくり付けられています。

まずはお奨めの「神田屋すし」さんへ。P1190220

こちらは①寿司5貫、②刺身3点盛り、③煮魚、から選びます。

ここは当然、①の寿司を選びます。マグロ2、白身(かんぱち?)、エビ、イカ、味噌汁。
生ビールは一番搾りでした。

1_2

2軒目は私のリクエスト、創作フレンチ「NEIGHBOR」

P1190226s

①おつまみセット(生ハム、リエット、レバーペースト)、②キッシュと冷静スープ、③デザード(本日のケーキ、カヌレ)。

まだ時間が早いので、私たちは2組目でした。Photo_3

このお店は若い料理人たちが2016年7月にオープンしたばかり、テーブルの上には料理のお皿が出るまでの間、レコード盤が置かれていたり、カウンター席やテラス席もあり、若い人たちが楽しめるおしゃれな店ですね。

①と②を選んでシェアします。

生ハムも量がたっぷり。どのお料理もおいしい。冷静スープはコーンをメインに、玉ねぎもすりおろした食感があって(玉ねぎだよね?)楽しい。

白ワインはカリフォルニアのシャルドネ。キンキンに冷えています。

お客さんが続々入ってきます。7人グループや、家族連れ。私たちと入れ替わりに、知り合いの診断士さんの二人連れにご挨拶。

次に行く途中で、商店街事務局のMさんと出会い、渡邉さんはしばし歓談。公社のM係長のお母様だそうです。

3軒め「錨屋」無国籍ビストロだそうです。渡邉氏のリクエスト。

ビルの3階なのと、まだ時間的には7時前なので、ゆっくり空間。区役所の若い女性たちとご挨拶。

Jpg

3階の戸外デッキもあり、グループで楽しむのによさそうなお店です。

次は焼き肉屋「かごしま」、焼き肉を普段食べることがないので、チラシに焼肉屋さんを見つけたときからぜひコースに入れたいと思っていました。

すでに5組が店前で並んでいましたが、そのうち2組がリタイアして別の店へ。店内に入りますと、ここは自分でちゃんと焼いて食べるんですね。嬉しくなります。

商業課の若い方たち、そして隣の席にはなんと松原診断士とMさん。しばしまちバル談義などなど交わしました。

ここでは①カルビ・ハラミ盛り合わせ(7切れもありました。人参とピーマン付き)、②ビビンバ、わかめスープ付き、を。ビビンバってそんなに混ぜ混ぜするもんなの?渡辺さん?Jpg_2そして最後の5軒目、桜新町で根強い人気の「魚徳」さんへ。P1190261s


うちの叔母86歳が桜新町在住ですが、この「魚徳」さんをひいきにしています。

一時、ランチ営業はやめていたようですが、今は復活しているんだって。

さて、ここの選択おつまみは

①アジ料理(塩焼・から揚げ・あじ寿司)

②エビ料理(えび焼・サラダ・海老トースト)

③白身魚料理(刺身サラダ・から揚げ・刺身)となっています中から、①と②を選びます。

料理が出てくるまでの時間が、結構かかり、全参加店1杯のみ試飲「芋焼酎・波平」をいただきながら待ちます。

アジ:小アジの干物、あじ寿司、小味のマリネは別皿で、そして茄子の煮びたし。Photo_4エビ料理は、小エビと春雨のサラダ(パクチーが乗っている)、エビのすり身トースト(ベトナム風)、中エビを焼いたの、枝豆。エスニックレシピっぽかった。

海老は注文してから焼いているので、それは時間がかかりますね。

ご主人とおかみさん、娘さんの3人で手分けして、座席数12席ですが、この盛り合わせでは結構手間がかかり、なんだか申し訳ない気分になってきてしまいました。

さてここを出たのが、21時。お店の前で、商連女性部のK会長、女性部幹部M女史、商連のK事務局長、そして世田谷の商業診断士の親分S先生の4人組。4人だとお店に入りきれないので、向かいのとんかつ屋さんへ向かわれました。

5軒終わって、駅前のまちバル総合案内書で桜新町商店街振興組合の理事長さんにご挨拶して帰宅。ちょうど雨が降り出しました。

Ccf20170804_0001


今回のまちバルでは、スイーツの店、甘味の店がティータイムOK,お土産のお菓子に交換してもOK、というのがもしも全部回り切れないとしても安心だと思えました。(あ、いやいや、私は昨夜ビール2杯、焼酎2杯、白ワイン2杯、いただいています)

そして、とんかつ屋さんとお蕎麦屋さんは、お昼ごはん時でもこのチケットが使える、そしておでんの持ち帰りの店もありました。

夜だけでない選択肢があるのは、家族向けには「一度参加してみよう」という思いを持ってもらえると思いました。

そして、こうしてお店に入ることで、いつもは通り過ぎてしまう街並みが、一気に身近な親近感のある商店街になっていきますね。

それにしても、どのお店も贅沢な量、そしておいしかったです。ごちそうさまでした。

世田谷区内、これから用賀、喜多見、八幡山と秋までまちバル続きます。

«水辺空間の提案・運河水路ピクニックエリアの提案

無料ブログはココログ