« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月29日 (木)

今年のお仕事成果物


あと3日で今年も終わります。

バタバタあたふた日が過ぎていきましたが、今年のお仕事を振り返ってみます。

・2月末締め切り、世田谷区都市デザイン課「情報のユニバーサルデザインガイドライン。4月に形になりました。Ccf20161224_2_2

内容は世田谷区のホームページからダウンロードできます。http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/102/125/397/d00146074.html

これはユニバーサルサインをどのように設置していくのか、というガイドです。

・4月、知人の保育ルームサイン。ステンドグラスで作ってみよう。と提案。ステンド作家のYURI工房さん、イラストレーターMIWAさんとコラボして。2c2

とても気に入っていただけました。玄関先に取り付けていたために、夏の暑さで塗装部が剥落します。すべてをステンド手法で行うと、実は費用が予算を超えるため、相談しながら作業をしていたのですが、室内ならば大丈夫でもやはり外では難しかったです。

今、すべてステンドのラインで作り直すか検討中です。線が太くなる、などどこまで依頼主さんと調整できるのか、新しい課題でしたので、難しいけど楽しいです。

・北海道中標津町「養老牛温泉100年観光づくりプロジェクト」これは昨年で一応一段落しました。が、今年は100年。ということで

5月22日に「養老牛温泉100年記念式典」が行われました。

石碑の序幕、式典。初めの乾杯は「牛乳」‼!!です。牛乳で乾杯!は中標津町の「牛乳消費拡大応援条例」になっているんですね。2014

もちろん形になりましたものは、報告書だけでなく、きちんと中標津町の町道に養老牛温泉までの案内看板が25期設置。牛はウッシー、養老牛のシンボルのシマフクロウ、フッキ―の図案が5基。見つけたらラッキー💛という話があるとかないとか…!(^^)!

「ようろうし・森の楽しい仲間たち」MIWAデザインでご提案しました。Syasinn4
それから「ようろうし読本」これは養老牛温泉の歴史と自然となどの案内冊子です。きっちり企画を作って教育委員会の学芸員さんによる校正監修の後、作成されました。Ccf20161229_00002jpg_2

・「アトリエイノウエ」さんの新しいアトリエ案内イラスト、展開。

アトリエイノウエのホームページ http://www.atelier-inoue.jp/

 に、経堂アトリエのえほん のページがあります。ご覧ください。

http://kyodo.atelier-inoue.jp/2016/12/01083037/

28

そのほか、今年は

・世田谷駅前商店街さんの街路灯建て替えプロジェクト、街路灯デザインの担当。こちらは来年3月に完成のため、出来上がりましたらご報告します。

・芝浦運河周辺の水辺の楽しみ方について護岸周辺の使い方提案も、年度末過ぎにはご報告。

年末年始も、あいかわらず構想図を描きながら、不明部分は現場に出向いて、写真撮ってるんだと思います。

1日から3日までは、朝寝するぞ!と思う年末です。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>

2016年12月26日 (月)

17.5mm,

たった17.5mm、これだけのことですが、違いにビックリ実感中です。

私の身長は163.5センチ。12年前の新築時に台所のカウンター高さを相当悩みました。

キッチンメーカーは高さ調整を、当時は50mm単位でしたので、標準タイプの高さ800にプラス50にするか100にして高さ900にするか。900にしてしまうとガスコンロの鍋の取り扱いがしんどいなー、

850だとシンク側が少し低いなー。中間の875あたりにすると工事費が上がってしまうなー。で、結局850で納めました。夏の、はだしで台所に立つときはまだしも、秋冬にはスリッパをはきます。するとスリッパの厚み、だいたい15.0mm、1.5センチほど体が上がります。その分、作業時にかがむことになります。

ほんのちょっとのことです。

365日、ほぼ毎日、朝ごはんと晩ごはんをつくります。時々、友人たちとの宴会料理を作ります。時々、使いづらいなー、と思うこともあります。改善方法は、考えていませんでしたが…。

先日、まな板を変えました。

!!なんということでしょう! 包丁使いがぐーーんとよくなりました。Ccf20161226_
わずか17.5mmで今までよりも、作業がぐんと楽しくなっています。今までのまな板は厚みが12.5mm、850+12.5=862.5、新しいまな板は30.0mm、850+30=880。

これはこれは、頭ではわかっていたのつもりでしたが、ここまでとは!(◎´∀`)ノ

あっはっは、いやはやキッチン設計時の大きなポイントでしたね。Ccf20161226_daidokoro_2

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

無料ブログはココログ