« まちバル「桜新町のまちバルに行ってきた」 | トップページ | 世田谷のワークショップ »

2017年8月13日 (日)

「うままちあるき」

2017年8月11日、「うままちあるき」(世田谷区都市デザイン課)のワークショップに参加。

~東京2020オリンピック・パラリンピックへ向けて~

馬事公苑までの道すがら、どんなみちしるべがあるといいのかな?住む人や訪れる人の記憶に残るサイン整備を皆さんと歩きながら考えていく企画です。馬事公苑を目指し、5つのコースに分かれて歩きます。Ccf20170813_0002

コースは、小田急線経堂駅・千歳船橋駅、東急世田谷線上町駅、東急田園都市線桜新町駅・用賀駅からの5コースです。Ccf20170813s_0003

私は桜新町からのコースに参加。

午前9時に桜丘中学校に集合、レクチャーがあり、各コースの出発駅へ車で移動。

9:40過ぎから歩きました。

桜新町コースは、初めの設定は「旧246?」旧の玉川通りを進んで馬事公苑の東側のアクセス通りを北上するもの。歩道が付いた道です。

たぶん無難な道。ということで宅地内に入っていきます。

桜新町の駅は駅前から南側にサザエさん通りが商店街として賑わっています。P1190421s


駅前にはサザエさん一家の銅像モニュメント、桜の並ぶ駅前ベンチが続きます。P1190430s

ここは、和菓子屋さん、バームクーヘンやさん、カフェなども道路に面していますので、路面カフェ、小さなお茶スポットができるとおしゃれな感じになりますね。2043s





まず、世田谷区で一番最初にできたという「世田谷新町公園」に行きます。この周辺はかなり大きな自転車置き場、そして放置自転車集積所があり、その一角には区の時間貸し自転車ステーション「がやりん」があります。が、「がやりん」全然目立たない!

せっかくですから、世田谷区内をサイクリングで巡ってもらえる、もっと活用したくなるステーションにしてもらいたいですね。

この宅地内は実は準工業エリア、町工場の集積エリアなのだそうです。

工場が立て替えてマンションになったりするときには足元にはかなりの緑が残されています。

この「ものづくり」資源を活かした「クラフトマイスターエリア」として特徴を出すのも素敵だね。という提案。ものづくりの現場見学、体験!

そして緑の道をたどって馬事公苑へ。
弦巻5丁目交差点周辺、すべてただいま工事中!結構ランニングの人が狭い歩道を走っているので、振り上げた腕がぶつかって、「痛い!」危ないよ。

この道は電柱地中化計画ということです。馬事公苑側にセットバックして、ゆるい歩道空間を作って、バス停の周りなんかは、みるく(コーヒー)スタンドとインフォーメーションのボックス型のキオスクみたいなのがあったりして。

042s


桜新町からの一連の道は、ちょっとドイツっぽいおしゃれなルートになると思えたまち歩き。

参加者には馬事公苑の馬が付けてた蹄鉄と、「Equestrian in SETAGAYA]のピンバッジがおみやげでした。P1190580s


P1190580b

« まちバル「桜新町のまちバルに行ってきた」 | トップページ | 世田谷のワークショップ »

まちあるき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600291/65660605

この記事へのトラックバック一覧です: 「うままちあるき」:

« まちバル「桜新町のまちバルに行ってきた」 | トップページ | 世田谷のワークショップ »

無料ブログはココログ